SSLINK2.0

プログラマkiiがビジネス、株、ネット関係のネタについて書き綴る。失われた興味深い記事のリンクも提供。リンク先はインターネット・アーカイブという米国の公的団体のサイトです。もし、時間があったらコメントしてくれると嬉しいです。

2013年08月


ウィキペディアに載っていたインタビュー記事のリンク先が消えてしまっていたので、、、

 

当時のシステムソフトは、『ザナドゥ』や『イース』シリーズでおなじみの、東京・立川にある日本ファルコムと並ぶPCゲーム開発会社の大手。だが、そこへの入社はほとんどがコネでまかなわれていたという。だが、ゲリラ的な就職活動をしにきた日野さんのレベルの高い自作ソフトが認められてか、彼は入社試験を受けさせてもらえることとなった。その年の採用はたったの3人。そのひとりが、日野さんだった。だが、

「入社したら、『大戦略』のプログラミングができると思ってたんですが、会社の方針は違っていた。僕をプログラマーではなく、開発チームを管理するプロジェクトマネージャーにしたかったようなんです。当時の僕はプログラマーこそがゲーム制作者だと思っていましたから、プログラムが組めないんじゃこの仕事は違うなぁと、結局4カ月目に会社を辞めてしまいました(苦笑)。思ったことは、意地でもやり通す性格ですからね」


日野晃博 クリエイターインタビュー
↑続きはウェブアーカイブです。

日野さんは今でこそゲームプロデューサーとして、名をはせていますが、当時はバリバリのプログラマーでした。

私がここでひとつ思うことが、こうしたプログラマーとしての経験が全体を統括する上でも生きてくるということです。
業界は変わりますが、堀江貴文氏や孫正義氏などの名経営者も元々はこうしたプログラマーです。 
海外でも、元々プログラマーの名経営者は多いと思います。
それはなぜなのか少し考えてみると、優秀な方たちは大企業に行くので、マネジメントや折衝などができる方が多いと思います。
しかし、そういう優秀な方たちは得てして、マネジメントや折衝などに特化したスキルを持っているために、独立などがしづらい環境にあるのだと思います。
しかし、マネジメントや折衝だけでなく、製造(プログラミング)もできる人というのは、非常に独立しやすくなります。要するに、自分で終始把握できるからです。人に頼むときにおいても、経験があれば的確な指示ができます。
レベルファイブ代表取締役社長の日野さんは、そのような意味での典型例でしょう。

 

月曜日に暇だったので、見に行って来ました。
映画館は思ったより人が少なく、年配の方が多い印象でした。
家族連れも1組いましたが、 子供は退屈そうだったようです。
以後の感想はちょっとネタバレを含むと思います。


 風立ちぬは、「破滅的でありながら美しい」、そんな物語です。

そして、この作品ために作曲されたのかと 思えるほどの「ひこうき雲」とのシンクロニシティ。
この曲が、全てがズタズタに終わったあとのエンドロールに涙を誘います。 
そう、最後は主人公の二郎、ヒロインの菜穂子は戦争を仕掛けた日本もろとも破裂してしまったのです。
全てが破滅に導かれました。

しかし、私はおもうのです。
彼ら2人は精一杯幸せだったと。

二郎は、自分の「夢」に対して、実直かつ執着が強い。「夢」のためなら、菜穂子すら後回しにできる。
天才は往々にして、人間味に欠け、超然と立ち尽くしているのだ。
奈穂子は、やはり潔いというかそれを知っていてなお、二郎のために尽くす。そこが儚くも美しい。
今はなき日本人女性の美徳や矜持のようなものだろうか。

菜穂子は結核によって自らが「美しくなくなる」前に、彼との住まいを出て行ってしまう。
それは、菜穂子が二郎は「美しい」ものを愛すということを理解していたからだ。
だから、醜くなってしまう前に、姿を消そうとしたのである。

二郎も薄情だとかエゴだとか偽善だとか言われて実は傷つきながら生きている。
それすらも、奈穂子は理解していて、物語最後に、「あなたは生きて。」と言う。それが、「生きねば」につながる。
二郎は愛より夢をとったけど、それも奈穂子自身によって免罪された。
この時代、男は仕事をしてなんぼだったし、奈穂子は、それを理解している。
菜穂子は夫を支える妻として、そして運命の人と夫婦になれたことだけで、満足だったのだろう。

この作品は、二郎だけでなく、菜穂子のような昔の日本人女性への礼賛でもある。
そういう意味で、宮崎駿は、現代人に「生きねば」の問いを示そうとしているのだとおもう。
彼らを目指せと暗示しているわけではない。彼らは結局破滅へと導かれた。
ただ、彼らの生き方は麗しくも潔かったということは伝わってくるのである。  
私達はどう生きるのか。

このページのトップヘ