SSLINK2.0

プログラマkiiがビジネス、株、ネット関係のネタについて書き綴る。失われた興味深い記事のリンクも提供。リンク先はインターネット・アーカイブという米国の公的団体のサイトです。もし、時間があったらコメントしてくれると嬉しいです。

カテゴリ: 株式

コロプラが7月中旬にサービスを開始した本格RPG『白猫プロジェクト』というゲームがあります。

これがなかなかすごいゲームだと感じたので、書いていきます。 

『白猫プロジェクト』は、どういうゲームかというと、本格RPGと書いてはいますが、本質的にはモンスターハンターのような狩りゲーといって問題無いと思います。狩りゲーを手軽に遊べるようにスマートフォンで実現させたのです。

特筆すべきはその操作性。『ぷにコン』という独自の技術フレームを用いて、ワンフィンガーでフィールド上の移動・回避、攻撃・必殺技がすべてシンプルに気持ちよく行える点にあります。今まで、他のソーシャルゲームをやって来ましたが、パズルゲームやカードゲームなどが多く、フィールドを気持ちよく縦横無尽に駆け巡るゲームはありませんでした。

この『ぷにコン』は、技術的にも難しく、他のゲームメーカーが真似するにしても時間がかかります。そして、白猫はその操作性とクオリティ、爽快感等によって、CMが始まってもいない現在、ios登場2日目でダウンロード順位5位(無料ゲーム)を記録するなど、すでに大ヒットの兆候を見せています。新しく開拓したスマートフォンの狩りゲーというフィールドは明らかにブルーオーシャン(競合相手のいない領域)といえるでしょう。ここで独走することが可能になるのです。

『ぷにコン』はいずれ他のゲームでも取り込まれ、スマートフォンゲームの幅が大きく広がるでしょう。パズルやカードゲームが好きではないユーザーも多いでしょうから、これからのスマートフォンゲームひいてはコロプラがどのようなゲームを出してゆくかとても楽しみですね。

株価的にも現在3200円ほどで、すでにある程度高値圏にありますが、白猫やぷにコンを武器にガンホーなどに迫っていく可能性もあるかもしれません。

追記(2014年10月15日)
本日、3200円を割る場面もありました。
総評を行うと、白猫は思っていたより飽きが早く、なおかつキャラクターも一人良いのがいればなんとかなってしまうので、継続的に売り上げをあげていくのが難しいです。なので、この株価となっているのでしょう。面白さと売り上げが必ずしも一致するわけではないというのは、スマホゲームの面白いところですね。

BNFの乖離率の逆張り手法についての考察

以下のBNF氏のレスが有名な乖離率逆張りという手法の内容です。現在、上げ相場なので、このような手法で逆張りを狙っていくのはナンセンスですし、BNF氏が公開したあまりにもこの手法は有名になってしまったので、有効性を大部分失ってしまいました。手法をほぼ公開したことに関して、BNF氏は市場参加者は幅広く存在するからあまり影響はないだろうと思っていたようですが、有効性が低くなったのは予定外で、昔ほど乖離率逆張り手法は使えなくなったと本人も認めています。私自身、真似したこともありましたが、結局のところ、実は真似ができておらず、この手法を自分のものにすることはできませんでした。というのも、この手法は相場によって、乖離率の目安などを変えなければならず、その目安を決定するのが非常にむずかしいということでした。また、その他の指標の使い方もよくわからなかったというのが本音です。そして今では、目安すら安定しなくなったというところが本当のところでしょう。そういう意味でこの手法は現在有効性が殆ど無いと思っています。
812 :B・N・F ◆mKx8G6UMYQ :04/10/03 16:40:18 ID:IdmbGKeE
>>774 
短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。 
乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは 
当然ですが、その時の地合によって買うべき乖離率の 
水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では 
25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20% 
安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。 

35%乖離した株を買い反発したところで売り 
その段階でその株の乖離率は15%前後になり 
しばらくするとまた30%以上の乖離率の水準まで 
落ちてまた反発狙いで買いの繰り返しでした。 
短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。 

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては 
15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。 
というより、乖離率を見て逆張りすべき場面すら余り 
なかったです。新興市場などできついマイナス乖離を 
する場面は何回かありましたが、2年前3年前と比べると 
地合が良すぎて東証一部の株で30%以上乖離している株が 
うじゃうじゃあるような状態は、あまり記憶にありませんね。 
その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのか 
を自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。
427 :B・N・F ◆mKx8G6UMYQ :04/11/17 21:46:07 ID:yi3qaGEZ
>>380 
教えたと言っても単に乖離率について大まかに話しただけですからねぇ 
leyさんがかえって混乱されたのならほんと心苦しいばかりです。 
乖離率は単に数字だけを見て、どの銘柄も横一列に並べてはだめなんです。 
まず、セクターによっての乖離率の特徴。このセクターの銘柄群は移動平均線に 
比べて乖離しやすいから買うべき乖離率の目安も厳しめに設定しなければ 
いけないとか、このセクターの銘柄群はいつもあまり乖離しないから 
それほど乖離率が厳しくなくても買いを狙えるとかですね。 
しかし、これはかなり大雑把な区分けでここから更に同じセクターでも 
乖離しやすい銘柄群、乖離しにくい銘柄群の判断をしていくことが重要ですね。 

01年を例にとって説明すると乖離しやすかったセクターは 
電気、精密、小売、卸売、銀行、証券、通信、サービス 
あとはセクターではないのですが低位株全般。店頭の銘柄。今と違って銘柄数は 
多くなかったですがマザーズの銘柄。このあたりでしょうか。 
例えば小売セクターではバブル崩壊以降に上場して99年に急騰した 
100株単位の銘柄群の乖離率がきつかったです。私は22%〜28%以上乖離した 
段階から買い候補に入れていきました。小売セクターが売られている時は 
これ等の銘柄群の乖離がきつかったです。 
サービスセクターでも同じような銘柄群の乖離がきつかったです。 
こっちは22%〜30%以上の乖離率から買い候補に入れていきました。 
銀行セクターは20%〜30%以上。店頭銘柄のIT関連以外でバブル崩壊以降に 
上場した銘柄群は22%〜32%以上の乖離。店頭のIT関連は25%〜45%以上の乖離。 
マザーズの銘柄群は28%〜60%以上の乖離。 
これはこれだけ乖離してやっと買い候補に入れるというだけで 
アメリカなどの下げで更にここから売られてやっと買うというスタンスでした。 
同じような銘柄群でも率に開きがあるのは流動性など個別に判断していかなければ 
いけないからです。 

これは99年、00年に急騰した株が多くあり、更に01年の厳しい下げ相場が前提の 
設定で、強い相場ではなんの意味もないですし、またいつかきつい下げ相場が来るとしても 
次に乖離のきつい下げをするのは上に上げたセクターや銘柄群とも限りませんし 
その時の乖離率の設定もまた変わると思います。 
01年だけ見ても地合のいい時もあったので素直に順張りもしましたし 
乖離を甘めに判断して買うべき地合もありました。乖離率の判断は常に 
流動的でした。 
私が01年の下げ相場で一番きつい下げだと感じたのは 
01年12月の低位株の下げですね。それなりに流動性もあり歴史もある 
銘柄群なので普通なら25%も乖離すれば喜んで買う感じでしたが 
低位株の1円に対する率の重さ並びに次から次へと30%以上乖離する株が 
出てくる現状を目の当たりにして、これはすごいことになると思い 
普通なら買う水準をスルーしまくりきつい乖離をしている株が 
大量に出た所で35%〜65%以上乖離した株を 
買い捲りました。この時は指数的には地味な動きだったんで 
あまり話題になりませんが、25%以上乖離した株があれだけあった 
ことは乖離率を見るようになってからは記憶にないです。 
リバウンドも一泊二日か二泊三日で1,5倍すごいのは2倍近く 
上がるのもありました。 
この時に25%の乖離で喜んで買っていたら大損していたかもしれません。 

結局はその時の地合の見極めが大事なので 
単に乖離率だけを見て逆張りでの買いを狙うのはお勧めできません。 
ある程度の強い相場なら素直に強い株を探している方がよっぽど楽だと思います。 
厳しい下げ相場がきたら、こういうやり方もあるんだな 
まあ、俺は下げ相場になったらなにもしないけどね程度に思って 
いればいいと思いまよ。ほんとに。中途半端に乖離率の事を書いて 
かえって混乱されたのならすいませんでした。
引用元(インターネット・アーカイブ)
■デイ・スイング 超短期売買技法研究会 その2■
■デイ・スイング 超短期売買技法研究会 その3■ 

※この記事はこのようなトレード手法を推奨するものではありません。トレード手法は水モノです。

おすすめ記事(旧ブログ)
孤高の300億円トレーダーBNF

現在、資産100億円を超えるだろう伝説のトレーダーuoaさんのホームページのアーカイブリンクをご紹介します。

・HPでのプロフィール
name:uoa ◆JP5a9xPZQM(2ch)
age:22

 14歳のときに、親に注文を頼むかたちで株をはじめました。 以降はお遊びで年数回〜10回ほど低位株をいじるくらいでしたが、オンライン証券の口座開設をきっかけに19歳で短期投機に傾倒。
 都合100万円を元手として投下し、2年7ヶ月で1億円の利益を達成しました。
 なお、しばらく休止期間を挟んだこともあって運用成績は短期投機2年目からの記載になっています。 それまでの流れはさるさる2002/08/03に載っていますので、興味のある方はどうぞ。  
・2chでの自己紹介文
224 :uoa ◆JP5a9xPZQM :02/12/30 23:05 
【 年  齢  】21 
【 職  業  】元専業気味 
【 株  歴  】7年、本格稼動はここ2年半 
【株 スタンス】火事場泥棒。たまに自分に燃え移る。 
【スタート資金】100万(2年数ヶ月前) →200万出金済 
【現在  資金】7600万 
【最高  資金】8300万(12月上旬) 
【最低  資金】100万 
【今年度収支(損益率)】+6300万 
【累積収支(損益率)】+7700万 
・ホームページのmenu(リンク先はインターネット・アーカイブ)

運用成績
日記
中長期ポートフォリオの経過日記
日経平均先物の日記

日本における株式相場に勝てる個人のデイトレーダーの先駆者的存在がuoa氏である。この時期のネット証券は手数料も相当高かったようだが、それ以上にボラティリティも高かったようで、大学生であったuoa氏は瞬く間に億トレーダーとなった。彼は00年代のミニバブルが始まる前に早々と2chの株板から引退してしまったため、知名度はあまり高くない。彼の資産一億円記念でのオフ会で、後に100億円トレーダーとなるcis氏(当時は典型的な負け組トレーダーであった)とその師匠であるびびりおん氏が出会うのは非常に興味深い。

おすすめ記事(旧ブログ)
伝説の天才投機家 uoa

 【初値】☆IPO☆【抽選】実況part16 冒頭

42 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:30:22 ID:G7d69jEu

ジェイコム早いなw 

43 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:30:33 ID:PLGv/7E7

ジェイコムwwwwwwwwwww 

44 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:31:53 ID:MXWm0wA4

ジェイコムwwwwwwwwwww 

45 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:32:00 ID:PLGv/7E7

ジェイコムで発行済み株式数を越す売りが出ている!! 

46 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:32:03 ID:pE6EFg7P

ジェイコムすごすぎ。 

S安に60万枚って、おいおい…… 

47 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:33:32 ID:G7d69jEu

56万の売り気配って、どーなってんだ? 

48 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:33:34 ID:PLGv/7E7

ジェイコム買うべきだろ!誤発注じゃないか?! 

49 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:34:01 ID:u4DWtTIT

ジェイコム俺のが壊れてるのかと思ったらみんなそうなのか・・・ 

50 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:34:11 ID:shniHSXV

ご発注くせえなあ 

52 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:35:40 ID:Izb196kr

ジェイコム全力で買った!!! 

53 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:36:09 ID:KlA2CzEt

全部買えば上場日即日で買収されるwww 

55 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:38:16 ID:MXWm0wA4

ジェイコム発行株数14,500株 

57万株の売りwwwwwwwww 

57 :山師さん@トレード中:2005/12/08(木) 09:38:56 ID:PLGv/7E7

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

おまえら絶対に売るなよ!! 

続きは↓のリンクです。私が気に入っていた「BNF参上」というサイトのアーカイブリンクです。
ジェイコム株誤発注事件当日の2chでの反応

  【初値】☆IPO☆【抽選】実況part16 … 伝説の16分間
  【2462】 ジェイコム 【何か空から降ってたw】
 【2462】ジェイコム【あなたを犯人です】

ジェイコム株誤発注事件の後…

 【株板相場師列伝】いつのまにか結婚していた男228
 【株板相場師列伝】今年利益約20億円を晒した男229
 【株板相場師列伝】とてもシラフとは思えない男230
 【株板相場師列伝】日給1億円の男231
 【株板相場師列伝】ドリ&ベタインキープな男232

当時のジェイコム株の総発行株数は発行株式数1万4500株であり、存在している株数を遥かに超える株式が売られたことで、株価はストップ安の57万2000円に張り付いた。すぐにこれは誤発注だと気づかれ、これをチャンスとみた強かな機関投資家や個人投資家は恐る恐る買い増していった。担当者は数分して気づいたが、注文をキャンセルしても通らなかったことから、反対売買を行う(買う)ことによって、事態を収束させた。反対売買によって株価は一気に上昇し、今度はストップ高の77万2000円の値をつけた。その後は利確売りや押し目買いなどによって、乱高下を繰り返すも、結局ストップ高に張り付いた。結局、この日9万6,236株が約定したが、取引決済が不可能であることから、現金91万2000円で強制決済されることが決まった。

これによって、2chで著名なトレーダーB・N・Fは7100株をストップ安で買い、1100株をストップ高で売り6000株を持ち越し、20億円以上の利益を上げた。また、同じく有名なcisも3300株をストップ安で買いわずか10分後にストップ高で売り6億円を超える利益を上げている。uoaはストップ高で買い、強制決済で5億円以上の利益を上げたとされる。
この事件は、2004年からの株式市場の小さなバブルによって、強大な個人トレーダーが存在するようになったことをあらわにするという役割も果たしたといえるだろう。

おすすめ記事(旧ブログ)
株板のトリックスター cis
孤高の300億円トレーダー BNF
伝説の天才投機家 uoa

このページのトップヘ